IoT、AIなどの新しいテクノロジーは、ヒト・モノ・カネ・サービスの移動(=モビリティ)の在り方に大きなインパクトを与えています。加えて、新たな価値観を求める人々の欲求や、脱炭素化への対応といった、社会からの要求の高まりは、あらゆる産業分野に抜本的なイノベーションや構造改革を迫っています。

今から約20年後、2040年の都市部と地方部の暮らしの近未来像を提示する書籍『モビリティ リ・デザイン 2040 「移動」が変える職住遊学の未来』を、KPMGモビリティ研究所は発行しました。

産業横断的なオーケストレーションにより社会課題解決に向き合うプロフェッショナルの知見に基づき、各章の特別編を7回にわたり連載します。

モビリティ リ・デザイン 2040 「移動」が変える職住遊学の未来(特別編)

『モビリティ リ・デザイン 2040 「移動」が変える職住遊学の未来』刊行にあたって
KPMGモビリティ研究所 所長/KPMGジャパン リスクコンサルティング及び自動車セクター 統轄パートナー
KPMGコンサルティング 執行役員 パートナー
小見門 恵
 
第一章:2040年の私たちの生活を変える変革ドライバー
KPMGモビリティ研究所/KPMGジャパン 運輸・物流・ホテル・観光セクター リーダー
KPMGコンサルティング プリンシパル
倉田 剛
 
第二章:データがもたらすモビリティの変容
KPMGモビリティ研究所/KPMGジャパン グローバルストラテジーグループ 統括パートナー
KPMG FAS 執行役員 パートナー
井口 耕一
 
第三章:リ・デザインが進む世界の街づくり
KPMGモビリティ研究所
KPMGコンサルティング マネジャー
髙橋 智也
(本稿は、書籍「モビリティ リ・デザイン 2040 「移動」が変える職住遊学の未来」第3章を基に、Insight Plus記事用に執筆したものです。)
 
第四章:カーボンニュートラルとお金とライフスタイル
KPMGモビリティ研究所
有限責任 あずさ監査法人 テクニカル・ディレクター 
 
 
第六章:未来の街づくりとファイナンスモデル
KPMGモビリティ研究所
KPMGコンサルティング パートナー
馬場 功一

お問合せ

執筆メンバー