現場主導でのAI活用による企業変革の推進~AutoMLの活用~

オンデマンド配信:2023年1月18日(水)~

オンデマンド配信:2023年1月18日(水)~

【オンラインセミナー】 ソニーネットワークコミュニケーションズと共催でAIを用いたデータ利活用の現場推進を加速させるAutoMLについて解説します。

近年、「DX=データ利活用」という潮流がより一層強くなっていますが、多くの企業において全社的なデータの利活用が進んでいるとは決して言えない状況です。とりわけデータ利活用の中心となる「AI(人工知能)」や「データ解析」については、専門知識を持つ人材不足や育成難が顕在化しており、データの活用加速の大きなボトルネックとなっています。このボトルネックの解消方法の1つとして、専門知識がなくてもAIモデルを作成できる「AutoML」があります。
本セミナーでは、日本企業におけるデータ利活用の課題に触れながら、解決策としてのAutoMLの具体的な活用方法、失敗しないためのポイントについて解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社マネジメント高度化の一助となれば幸いです。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
配信開始:2023年1月18日(水)
視聴時間:約60分
受講料:無料
対象:経営・企画部門、データ利活用推進、業務オペレーション関連ご担当の方
主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ、KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:日本企業におけるデータ利活用の課題と解決策としてのAutoMLの可能性および事例について(約20分)
講師:KPMGコンサルティング シニアマネジャー 森本 丈也

本セッションでは、各種統計データを用いながら海外比較も含めた日本企業におけるデータ利活用の状況と、その解決の方向性を示しながら、解決のポイントとなるAutoMLの概要を紹介します。

セッション2:ユースケースを用いたAutoMLの具体的な活用ステップ(約25分)
講師:KPMGコンサルティング マネジャー 荻原 健斗

本セッションでは、AutoMLを現場でどのように活用しているのか、具体的なユースケースを用いて解説します。また、実際にAutoMLを導入し、本運用に至るまでの流れを「アイディエーション」「モデル構築と評価」「業務への仮適用・モニタリング」という3つのステップに沿って説明します。

セッション3:ソニーのAutoMLを活用した現場中心のAI予測分析事例(約15分)
講師:ソニーネットワークコミュニケーションズ 法人サービス事業部
データサイエンティスト 松原 雅信 氏

本セッションでは、ソニーの非データサイエンス専門家向けAutoMLツール「Prediction One」の紹介と、
実際に現場中心で取り組まれているデータ活用事例を踏まえながら、具体的なビジネスへの応用方法を紹介します。

こちらは「KPMG Japan Insight Plus」会員限定コンテンツです。
会員の方は、「ログインして視聴する」ボタンよりコンテンツをご覧ください。
新規会員登録は、「会員登録する」よりお手続きをお願いします。

競合他社の方は、登録をご遠慮させていただいております。

informative image