土屋 大輔

あずさ監査法人 サステナビリティ・トランスフォーメーション事業部/KPMGあずさサステナビリティ アドバイザリー事業部/KPMG サステナブルバリューサービス・ジャパン マネージング・ディレクター

あずさ監査法人

1999年に大手都市銀行に入行。2001年に大手IR・SRコンサルティング会社入社。2013年に同社取締役IR・SRコンサルティング本部長に就任。時価総額大手の上場企業を主要なクライアントとし、IR、株主総会に関するコンサルティング並びに助言業務を手掛ける。2015年よりKPMG/あずさ監査法人にてCFO×ESG領域に関するアドバイザリーに従事。資本生産性指標(ROIC等)の活用や事業ポートフォリオ評価、最適資本構成方針立案、ESG戦略立案、ESG格付対応、サステナブルファイナンス、バイアウトファンド向けのESGバリューアップ、ESG DD等につきアドバイスを行う。著書に『ROIC経営実践編 事業ポートフォリオの組換えと企業価値向上』(共著、日経BP日本経済新聞出版、2022年)、『ROIC経営 稼ぐ力の創造と戦略的対話』(共著、日経BP日本経済新聞出版社、2017年)、日本バイアウト研究所(編)「プライベート・エクイティとESG」(寄稿、きんざい、2021年)。KPMG サステナブルバリューサービス・ジャパン メンバー。公益社団法人 経済同友会 資本効率の最適化委員会ワーキンググループメンバー(2016年~2017年)