これからの時代の新たなIT部門経営のあり方とは?

【終了しました】2021年4月16日(金)~4月30日(金)

【終了しました】2021年4月16日(金)~4月30日(金)

【オンラインセミナー】これからのIT部門に求められる高度な部門経営を支えるメソドロジー「TBM」の概要と実装について解説します。

本セミナーは終了しましたが、ご要望を受け一部の講演動画を公開しました。
お申込は必要ありませんので、下記よりご覧ください。

動画の視聴はこちら

 


2021年現在、世界のIT支出は上昇傾向にありますが、これはすなわち、企業のIT投資の増加を意味しています。しかし、ただ投資すればよいというものではもちろんなく、不要なITコストを見直し、適切な部門へのIT投資は、企業にとって重要なテーマになると思われます。

今後は、IT部門によるITコストマネジメント、IT部門と利用部門とのコミュニケーションの深化、そしてIT投資に関する組織全体での意思決定が成功のカギとなると言えるでしょう。

そのような背景を踏まえ、本セミナーでは、米国を中心に世界中で認知を広げているTBM(Technology Business Management)の概要とIT部門運営のメソドロジーについて、紹介するとともに、TBMの実装方法についても解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社の新しいIT部門経営の一助となれれば幸いです。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
公開期間:2021年4月16日(金)~4月30日(金)
視聴時間:約60分
受講料:無料(事前登録制)
対象:IT、テクノロジー、デジタル、経営企画・事業企画、財務部門の方
主催:Apptio、KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:これからのIT部門経営をささえるテクノロジービジネスマネジメント(TBM)(約40分)
講師:Apptio 代表取締役社長 成塚 歩 氏

日本でも導入が進んできているTBMのメソドロジーについて、米国で誕生するに至った経緯と、どのようなビジネス課題を解決できる方法論なのかを紹介します。
本セッションは、TBMを実践するにあたってのフレームワークやモデルなどの解説を通して、これからのIT部門経営に向けた取組みの最初のステップとできる内容となっています。

 

セッション2:TBM実践のためのステップと実装方法(約20分)
講師:KPMGコンサルティング ディレクター 塩野 拓

TBMをよく理解し、自社での導入・定着化を推進するにはさまざまな変革を行う必要があります。
本セッションでは、IT部門経営の実現に向けたチェンジマネジメント、IT部門ケイパビリティ向上といった継続的な取組みをはじめ、ITコスト最適化に向けた施策推進やIT投資ポートフォリオのクライテリア定義と実行など、TBM実装のための具体的な方法について解説します。

お申込みの受付は終了いたしました

※公開日にご視聴用URLをメールにてお送りいたします。
(翌日になってもメールが届かない場合はお問合せ窓口までご連絡ください。)
※希望者多数の場合は抽選制とさせていただきます。また、個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。

informative image